配置によって大きく印象が変わるので最新の配慮を

普通に生活を送る上で、家具が無いという人は殆どいないと思います。
テーブルや椅子、ソファやタンス、本棚などなど、実にたくさんの家具が身近に溢れていて、ホームセンターや家具屋さんへ行くと、その数に驚かされます。
これらを上手に使うことで、普段の生活をより充実したものへとすることが出来るわけですが、家具の選び方というのは人によって様々で、部屋のインテリアとしてデザインを重視する方もいれば使い勝手を重視する方もいます。
だからこそ、個人のこだわりやセンスが大いに発揮される物でもあります。

 

家具は、デザインだけでなく配置の仕方によって大きく印象が変わっていくものでもあります。
ベッドルームなどを例にあげれば、ベッドのデザインだけでなく配置の仕方一つで、同じベッドでも様々な印象を与えますし部屋全体の雰囲気も大きく変わります。
メインとなるベッドを中心に、同系統の色合いや材質のテーブルなどを用意すれば統一感も出て、くつろげる快適な空間となることでしょう。
こういった家具の配置などを参考となるのが、ホテルの客室です。
ホテルの客室というのは、インテリアコーディネーターというプロが快適な空間を作り出すためにデザインした部屋です。
ベッドの置き方や色合い、照明、テーブルや椅子、備品といった家具が全て計算されて配置されているのですから、当然それは参考として然るべき教材となります。

 

旅行した時など、ホテルや旅館に泊まることがあれば、家具の配置を写真に収めたりしておいて、後の参考として利用したりすることでより素晴らしい部屋作りに利用出来ることでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ